ガットのテンション

ここでは一般的に言われていることを紹介します。

ラケットボールの場合、通常21〜35ポンドぐらいで張られています。
テンションを高くすれば、パワーは出るが、スィートスポットが狭くなりコントロ−ル性が落ちます。
また、テンションを低くすれば、パワーは落ちるが、スィートスポットが広くなりコントロール性が増してきます。

もちろん、打った感じの好みで選んで結構ですが、下記の比較表を参考にしてみて下さい。

ポンド数 特性 タイプ
21〜23
スィートスポットが大きくなり、コントロ−ル性が増しますが
パワーは出難くなります。
コントロールプレーヤー・力のない方
24〜26
スィートスポットが大きくなり、コントロール性が益します。
また、パワーもそこそこ出ます。
コントロールプレイヤー・初心者
27〜29
スィートスポットが大きく、パワーも出ます。最も多くのプレイヤーがこのテンションを選んでいます。 コントロールプレーヤー・
パワープレイヤー
30〜32
スィートスポットは多少狭くなりますが、パワーが出ます。 パワープレイヤー・中・上級者・力のある方
33〜35
パワーは最高に出しやすいですが、力が必要です。また、スィートスポットは少し狭くなります。また腕への振動も高まります。 パワープレイヤー・上級者・力のある方

適正なガットのコンディションにするだけで、ショットが入るようになったり、パワーが出るようになったりします。

Top