シーリング

シーリングは簡単に言うと、相手を事の後ろ側にさげるショットです。
それには、「相手から攻撃され難い。」、「自分がセンターコートを取れる」とうい意味があります。
また、もっと言うならば、いいシーリングは取り難く、相手からチャンスもらうことも可能です。
中級者からは、このショットの正確さで勝敗が掛かってきますので、しっかり(安定して)打てるように練習しましょう。

シーリングは、@の図の斜線の部分にツーバウンド目が
来るように打ちます。







Aの図の様に、コーナーを狙いすぎて、サイドウォールに
当ててチャンスボールになってしまっては意味がありませ
んので注意して下さい。






Bの図は、より取り難い(攻撃し難い)シーリングを打つコツです。
図の様に、1より2の方が、高く弾んだボールになります。

また、下の図の様に、シーリングが大きくなった場合も、1より2の
方がバックウォールから弾んで出てきませんので、打ち難くなります。

1よりもバックウォールに近い位置の当てるとフロントウォールに届か
なくて、ダウンボ−ルになってしますので、やはり2の位置辺りに
狙っていくのがベターです。


シーリングの打ち方 はこちら!