ロブサーブ

ロブサーブとは、下記の図の様に高く弾ませて相手にコートの後方でリターンさせるサーブで、
最も重要なサーブです。

ポイント
・サーブミスが少ないサーブなので、まず最初にこのサーブを覚えるべきでしょう。
・一見、リターンが簡単そうに見えますが、打ちにくいコースを付けば、上級者にも通用するサーブです。
 実際に、このサーブだけを使って勝ち進むんでいるプロの選手方もいるくらいです。
・ロブサーブは基本的には高く弾ませた方が有効です。

図を使ってポイントを説明していきます。

この図はコートを横から見た図です。
図A:(初級者向け)
2より1のサーブの方が、有効です。

なぜなら、レシーバーがリターンする時に
ボールを打つポイント(図の●印)、1と2では
1の方が高くなり、攻撃的なショットやシーリングが難しく
なるからです。
ポイント
フロントウォールの高い位置に、ゆるく当てる。




図B:(中級者向け)
更に言うならばこの図の1は2より更に有効です。
理由は上と同じです。
1のサーブのポイントはサーブがフロントウォールに
当たってから、更に少し上に上がるイメージです。
そうすれば、更に高い弧を描くことが出来ます。
相手にとって、攻撃しにくいサーブは真上の方から
落ちてくるボールです。
ポイント
最高点を出来るだけバックウォール側にすると、
更に取りにくいサーブになります。
みなさんも、一度、試してみて下さい。

応用としては、コンビネーション、ショートカット、ハイロブサーブetc.があります。
追って紹介していきます。