ポジショニング

ラケットボールにおいて、ポジショニングは非常に大切な要素です。

サーブリターンのポジション


 下の左の図の×印の辺りに構えます。
 もう少し詳しくいうと、後ろに腕を伸ばしてラケットがつく位置から半歩前に出た位置です。

ラリ−中(センターコート)
 
 初、中級者の方のセンターコートは、下の真中の図で、 上級者のセンターコートは下の図の右側の図です。
 センターコートとは、ラリー中、色んなボールに対して一番打ち返しやすい場所、いわゆる一番有利なポジションです。
 ラケットボールはある意味センターコートの取り合いです。
 センターコートを支配した方が、おそらく試合にも勝つことでしょう。「間違いないっ!」

 センターコートとは、下の図の×印を中心に、○で囲んだ全てを指します。
 ○印で囲んだ中で、相手によって、状況によって、臨機応変に、ポジションを若干かえていきます。
 例えば、パスショット、シーリングの様に後ろに多く打ってくるプレーヤーに対しては少し後ろ目に、
 また、ピンチやキルショットが得意なプレーヤーに対しては、少し前目にポジションをとっていきます。
 ですから、上級者のセンターコートは初、中級者に比べ少し前目になっていくわけです。

 センターコート=×印ではなく、(初心者の方は、まず、×印のところでいいと思います。)
 状況によって、少し前目、後ろ目、少し右目、左目にする事が、勝負においてはポイントになってきます。

 次回はその辺について、もう少し詳しく説明していこうと思います。