ピンチショット・スプラットショット

 ピンチショットとは下記の図の様に、サイドウォールに当ててフロントウォーの低いところに当てるショットです。
フロントウォールから出てきたボールが出来るだけ早くツ−バウンドするように低い位置を狙います。
まずは、サービスライン(真中のライン)の前でツ−バウンドすれば合格です。

 スプラットショットはピンチショットの変形で、サイドウォールの近くからピンチショットを打つ時に
下の図の様に、打った位置に近いサイドウォールに当る用に狙います。
あとは、ピンチショットと同じで、早くツ−バウンドするように低い位置を狙います。


ピンチショットとスプラットショットは特に打ち分けるとショトではなく、
自分(打つ人)がサイドウォールに近いか、センターに近いで
かわってきます。


ストレート、クロスに続く、大事なショットです。
はじめは、うまくいかないかも知れませんが、是非、トライして下さい。