長めのシーリングの打ち方(長めのロブサーブの打ち方)

これはラケットボールのショットの中で、一番難易度の高いショットです。

@バックウォールとの距離を腕1本分とる

A構えながら、ボールがバックウォールに当る所をしっかりと見る。
  この時、体の向きを少しバックウォール側に向ける

Bボールに合わせてスイングを開始する。
  この時、体が前(フロントウォール側)に流れない様に気を付ける。

C軸を作って、ボディターン(回転で)でボールを打つ。
  イメージとしては、バックウォール側の足に重心を残す感じでスイングする。

D打ち終わった後も、体制がぶれないようにフォロースルーをとる。
  「力まない」、「突っ込まない」

一つづつ説明すると以上の様になりますが、一番大切なのはリズムです。

上手なプレーヤーの打つことろを何回も見ると、そのリズムがつかめて来ると思います

ボールの弾みにあわせて、「ワン、ツー、スリー」といった感じで、タイミングをとる様にします。


フォアハンド

    @        A        B        C        D
バックハンド

      @        A        B       C        D