迷いは禁物、感覚(ひらめき)を信じて!           プレー編 TOPへ
                                        
・プレー中に、色んな事を考えすぎると、動きが鈍くなったり、思い切りに欠けてしまったりします。
・頭を使う(考える)場面は、必要かと思いますが、ラリー中は基本的には感で勝負です。
・理屈ばかり詰め込んでも、体で覚えなければ、頭でっかちになってしまいます。

具体的な例:
チャンスボールが来た時に、「ストレートにしようか?クロスにしようか?ピンチにしようか?」と
迷って、結局、中途半端にショットしてしまった・・・・・
ましてや、「ミスしたらどうしよう」などと考え出したら最悪です。

それより、最初にパッと浮かんだショットを思いきって打つ!
(体が反応したショットを信じる)

この方がベターだと思います。
ですから、以外にうまくいった(勝った)試合の内容は、頭に残ってなかったりします。

とくかくプレー中は、深く考えすぎてはいけません。
ひらめいたショットがベストなのです!



※ゲーム間に試合の戦略を考えたり時は良く考える事も必要だと思います。
 ただし、再びプレーに入る時は、切り替えていきましょう。