グリップ

グリップはラケットボールをはじめる方にとって、最も重要な項目です。
なぜなら、正しいグリップでないと、正しいスイングをすることが出来ないのです。

たまに、以前行っていたスポーツのグリップを、慣れているからといって、そのままラケットボールも同じグリップでプレーを
している方を見かけますが、変な癖を作ってしまう可能性がありますので、十分注意して下さい。
プレー中、スイングはすぐに目に付きますが、グリップはよく見ないと分かりませんので、自分で気にしておく必要があります。

ラケットボールには、ひとつの握りで全てのボールを打つ「ワングリップ」と、フォアハンドとバックハンドを握り返る「ツ−グリップ」とがあります。
基本的には「ツーグリップ」をお勧めしますが、はじめたばかりの方や、握り替えがうまくいかない方は「ワングリップ」で良いと思います。

1、ワングリップ

写真のようにラケットを立て、握手するように握ります。

親指と人差し指の境目がグリップの中心に来るようにします。
















2、ツーグリップ

フォアハンド

写真の様に、ワングリップの時より少し右にずらす。
親指と人差し指の境目がグリップの右端にくる位までずらすのが
基本ですが、そのずらし方は、人によって多少違っても良いと思います。

















バックハンド

写真の様に、ワングリップの時より少し左にずらす。
親指と人差し指の境目がグリップの左端にくる位までずらすのが
基本ですが、そのずらし方は、人によって多少違っても良いと思います。
















写真のように、グリップエンドいっぱいまで握ります。
(これは、ワングリップ、ツーグリップ共に同じです。)



















写真のように、人差し指と中指の間に少し隙間を作ります。
(これも、ワングリップ、ツーグリップ共に同じです。)



















握り替えのタイミング(ツーグリップの場合)

握り替えのタイミングは、ボールがフォアかバックに来た瞬間から構えに入るまでに行います。
ボールが「フォア(バック)に来たっ!」と思った瞬間に握り替えが出来れば完璧ですが、
多少遅れても、構えに入る前であれば、特に問題はないと思います。

ただし、本当に忙しい時、例えば、自分が打って直ぐの時などは、握り替えが間に合わないので、
握り替えないで打つことも必要です。
(バックのグリップでフォアを打つこともある。)


構え

この時は、ワングリップの時のグリップ、もしくは
バックハンドのグリップにしておきます。

なぜなら:

相手はバック側に打ってくる方が多いからです。

フォアからバックに握り替える方が、難しいからです。













フォア側

この状態の時には、フォアハンドのグリップにしておきましょう。



















バック側

この状態の時には、バックハンドのグリップにしておきましょう。
















はじめの内は、握り替える、タイミングが遅れてしまったりするかもしれませんが、だんだんに慣れてきますので、心配はいりません。
その内、いつ握り替えたか、自分でも忘れるほど自然に握り替えてたりしているものです。

車のマニュアルのギアーを替えるのといっしょで、いつの間にか慣れると、運転しながら、
しかも、会話しながらでも、適切にギアーを替えてますよね。
あれと同じです!!